関連情報

活動報告

2021年1月15日 重症免疫不全症に対する新生児スクリーニングの要望書を厚労省に提出しました。
昨年10月より開始されたロタウイルスワクチン接種により重症免疫不全症患児が重篤な臨床症状を呈する危険性があること重く受け止め、日本小児科学会、日本マススクリーニング学会、日本免疫不全・自己炎症学会の3学会は、厚生労働省 田村憲久大臣に対し、「重症免疫不全症に対する新生児スクリーニング実施体制の整備およびその普及に関する要望書」を令和3年(2021年)1月7日付けで母子保健課を通じて提出したことをお知らせ致します。
要望書
資料1(国内状況)
資料2(米国NBS状況)

関連学会・ミーティング案内

免疫疾患横断セミナーシリーズ
オンラインセミナー・参加費無料(事前申込制)
NEW
2021年5月29日(土)13:00-16:00
Human Immunology Networking Seminar
2021年7月24日(土)13:00-16:00
Human Immunology Priming Seminar
お問合せ先:jsci@icongroup.co.jp 

12th International Congress on Immunodeficiency Diseases (ICID) NEW
April 26-29, 2021

Webでの開催。昨年亡くなられたテヘラン大学 Asghar Aghamohammadi 教授を追悼して開催されます。4/26の開始時間は日本時間の18時です。
COVID-19と免疫不全症に関する話題もたくさんありますので、興味のある方々はご聴講ください。参加費は無料です。

第48回日本臨床免疫学会
臨床免疫2020 疾患の本質を見抜く免疫学
2020年10月15日(木)~10月17日(土)Web開催
 終了
会長:森尾 友宏 先生 東京医科歯科大学発生発達学分野
日程表・プログラムはこちらから
参加登録はこちらから
各種問合せ先(運営事務局) 

The 19th Biennial Meeting of The European Society of immunodeficiencies (ESID 2020)
October 14-17, 2020 in Birmingham, UK
 終了

募集

Frontiers in ImmunologyではResearch Topicに相応しい論文の投稿をお待ちしております。 NEW
Topic: “Creating Awareness for Primary Immunodeficiencies in the Southeast and East Asia Regions”
概要
How to attract authors to your Research topic
How to manage your abstract submissions
How to manage the peer review process
Introducing tools and tips to manage your Research Topic


参考情報

『原発性免疫不全症候群―最新の疾患分類と新規疾患を中心に―(日本臨牀 第78巻 増刊号7)』(日本臨牀社)が発刊されました。
詳細はこちら

『小児科』第61巻 第13号 12月号に論文「皮下注免疫グロブリン製剤在宅自己注射治療導入の実際」が掲載されました。
詳細はこちら

『小児感染免疫学』(朝倉書店)が発刊されました。
詳細はこちら

株式会社ビー・エム・エルが免疫スクリーニングFCMの受託を始めました。
ご案内はこちら

自己炎症性疾患診療ガイドライン2017(日本小児リウマチ学会)


国内関連サイト

難病のこども全国支援ネットワーク

厚生労働省

難病情報センター

小児慢性特定疾病情報センター

原発性免疫不全症候群<特定疾患情報> <診断・治療指針>

自己炎症性疾患サイト

日本補体学会

海外関連サイト
アメリカおよびイギリスの免疫不全症に関するホームページです。

The European Society for Immunodeficiencies (Eur.)

Primary immunodeficiency Association(U.K)

Immune Deficiency Foundation (U.S.A)

National Primary Immunodeficiency ResourceCenter(U.S.A)

The Jeffrey Modell Foundation(U.S.A)